グーグル検索を上手く使い検索に達人なる方法!

Google検索を活用して情報を無料で徹底的に調べる方法

検索エンジンを支配しているのはGoogle

Yahoo!の検索エンジンもGoogleのアルゴリズムをそのまま使って検索した時のWebサイトを表示させています。

アルゴリズムというのはいわゆる、検索した時の検索結果を表示させるシステムみたいなものです。

検索エンジンは無数にあります。

でも市場のシェアを支配しているのはGoogleと言っても過言ではありません。

Google Chromeのインストールの仕方はこちら

Google Crome 使わない意味がわからない

2017年11月29日

Googleは検索したキーワードに一番最適なWeb サイトを表示させます

それはすべてユーザーのためです。

ユーザーは検索エンジンを使って調べるときに、色々なキーワードを入力して検索をします。

ユーザーが望み通りの検索結果を見ることができなければ、検索エンジンの質が問われます。

検索したキーワードに関連のないウェブサイトが表示されれば、ユーザーにとっては不便でしかありませんし、使い物になりません。

Googleは常にアルゴリズムを進化させユーザー第一主義を貫いています

なぜか?

Googleは広告収入で成り立っているからです。

Googleの検索結果を見て広告の表示がされているのを見たことがあるでしょうか?

ちゃんと見ればよくわかるんですけれども、検索結果の一番上であったり、最下部であったり、横の部分にも表示がされます(スマホは上下のみ)

すべては広告主がGoogleに依頼して表示させている広告です。

ですのでユーザー離れが起きてしまうとGoogleは一番の収入の柱である広告収入を失ってしまうのです。

そうならない為にもGoogleはユーザーの利便性を何よりも大事にしています。

ユーザーフレンドリーというヤツです。

ということでこの話は蛇足ですが本題に入っていきますね。

検索エンジンの検索テクニックを公開します

例えば、あなたが東京都の吉祥寺で一番のテクニックを持っているヘアスタイリストを探しているとします。

この場合、キーワードの入れ方は、

「吉祥寺 美容院 ナンバーワン」

こんな感じで、複合的にキーワードを入れていきます。

キーワードの間にスペースを空けることによって、検索の精度が高まっていくんですね。

「吉祥寺 美容院」

と入力するだけでは吉祥寺にある美容院が一斉に検索エンジンに表示されるしまので上手なヘアスタイリストさんを探すのは難しいです。

「美容院」

と入力してしまうと、日本全国の美容院が表示されてしまいます!

ですので、出来る限り細くキーワードを絞っていくのが一つのテクニックになります。

というよりも、それが全てですよね(笑)

あとはあなたの検索のキーワードのセンスになります…!

「吉祥寺 スタイリスト 天才」

「吉祥寺 スタイリスト カリスマ」

こうやって絞っていくことで、あなたが探したい情報をGoogleにインデックスされているウェブサイトから一番的確なウェブサイトをGoogleの検索には表示させます。

インデックスというのは例えば、 Google という本屋さんの本棚に本が並んであるとします。

本をウェブサイトと仮定してください。

GoogleはGoogleボットというロボットを使って新たに更新されたWebサイトを回遊していきます。

Webサイトの中身を解析し、 本屋さんで言えば、ジャンル別に本を並べることと同じで、回遊したウェブサイトをジャンル分けしてサーバーに保存します。

サーバーというのはまぁ大きなハードディスクドライブみたいな物をイメージしてもらえばと思います。

こうやってインデックスされたWebサイトは検索される時を待っています。

本屋さんで本が並んでいるのと一緒で誰かが手に取ってくれるのを待っているんです。

なので検索というのは、超でかい本屋さんから自分が探したい本を見つけるのと一緒です。

という感じで、 Googleは無料の大きな本屋さんだと思ってくれればいいんですよ。

そしてあなたの検索の仕方次第でいくらでも情報は出てきます。

それは複合キーワードを駆使することですね。

ぜひぜひ、この検索テクニックを使って あなたの知りたい情報をゲットしてくださいね。

それではまた!!

LINE@に登録して繋がりましょう!

友だち追加

line

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です