広瀬徹夫のビジョン あなたにビジョンはありますか?

広瀬徹夫
こんにちは、広瀬徹夫です。

あなたはビジョンを持って仕事に取り組んでいますか?

ビジョンとはあなたの目標でもあり、行動指針でもあり、あなた自身の在り方でもあります。

ビジネスをしていく上でビジョンがないと、いきあたりバッタリのビジネスになってしまい、多くが長続きしません。

そして、ビジョンのないビジネスは拝金主義になりやすく、この資本主義社会の奴隷に成り下がってしまいます。

あなたが明確なビジョンを持つことで、あなたの未来が明確になり、それに伴った行動をする様に身体が勝手に動いていきます。

ビジョンの明確さをしっかりと伝えたいと思いましたので、今日はビジョンについて記事を書いていきます。

 

広瀬徹夫のビジョンとは?

動画でまず話しましたので見てくださいね。

 

私のビジョンは、

広瀬徹夫
「インターネットやパソコンが苦手な起業家、中小企業の方、いわゆるコンテンツホルダーの方を、私のこれまでのWebマーケティングの経験を活かし、その方がオンライン上で認識され、信頼され、そして選ばれる、そしてその選ばれた方からサービスを受けたクライアントさんが幸せになること」

 

脱サラ、アフィリエイターとして活動した日々

2012年からおよそ5年間ほど、私はアフィリエイトというネット上で企業の商品を紹介して、そのコミッション報酬を収入として頂くビジネスをしていました。

その前は自動車メーカーのエンジニアとして10年間、サラリーマンとして勤めてきました。

ですが、強烈なパワハラ行為に合い精神的な病になってしまい、退職を余儀なくされました。

会社を退職した後、資格を取ったりやるべき仕事を色々模索しましたが、正直、私自身は組織というものに馴染めない性分だと思い、自営業の道を探したんです。

そこで見つけたのがアフィリエイトでした。

パソコンとネット回線があれば仕事が出来る、収入も頑張れば青天井!

そんな甘い言葉に誘われて、私はアフィリエイトを始めました。

ですが、世の中そんなに甘くはありません。

いくらやっても結果は出ませんでしたし、当時アフィリエイト業界にはびこっていた偽物の情報、教材や、それらを扇動して販売する悪徳販売者もいてアフィリエイトにかける費用は膨らむばかりでした。

でも私は偶然にもメンターに出会い、しっかりとしたアフィリエイトの手法を教えてもらい、アフィリエイトを始めて3ヶ月後には初収入も手にできました。

そして4年もの間、ずっと月収7ケタの収入を手にすることができました…が!

 

まさにその時の私は拝金主義者、いかにすれば売上がアップするかだけにフォーカスし、商品を購入するクライアントのことなど全くお構いなしのいわゆる銭ゲバだったんです。

 

自分自身その事にはずっと気づいていました。

正直、これを一生の仕事にすることはありえない…。

こんなことしていても人生何も楽しくない…。

子供が出来たとしても子供に言える仕事じゃない…。

ですが、これを辞めたら収入が止まる、そう考えると辞める事が出来せんでした。

 

アフィリエイトを辞める決断!

僕がアフィリエイトを辞める決断したのは、あるセミナーに参加したのがきっかけです。

FSJ(フューチャー・シップ・ジャパン)という100人を集めるセミナーのサポーターとして活動し、リアルで起業して活動している方と沢山のお話をしました。

セミナー当日は100人、全員が夢を語り、決心する!

これまでの私ならまずちょっとひいてしまい参加出来ない様なセミナーでしたが、セミナーのリーダーであった4人の方々のお話や、今師事させて頂いている石塚洋輔さんともここでお会いすることができ、私はそこにいる素晴らしい起業家さんや経営者さんの様になりたいと強く決心しました。

左から宮崎隼さん、天翔太一さん、僕、岡田真一さん、細川亮さん

夢を語りました

石塚洋輔さんともここでご縁を頂きました

ほんと懐かしいです。

およそ一年2ヶ月程前です。

 

全てはここから始まったんです。

 

アフィリエイト辞め、起業家に転身

これまでしていたアフィリエイトを完全に辞めて、イチから起業家として活動し始めました。

これまで顔も声も出して活動していなかった分、恐ろしく抵抗がありましたがセミナーで出会った方々の後押しもあって、Facebookで顔出しをして活動も出来るようになりました。

 

最初はプロフィール写真を自分の顔にすること自体にすら抵抗があったんです…。

今は当たり前になっていますが、少しずつ出来ることが増えてきました。

 

それは動画であったり、Facebookライブであったりしましたが、多くの方が応援するコメントをくれて勇気を与えてくれました。

感謝しても仕切れないです。

 

最初は起業家育成コンサルタントとして活動していましたが、僕の強みはアフィリエイトをしていたのもあり、Web関連であることに気づきWeb専門で活動していくことにシフトチェンジしました。

 

そして、冒頭のビジョンが行動指針となり活動をしています。

 

あなたもビジョンを持って活動してみましょう

広瀬徹夫
「インターネットやパソコンが苦手な起業家、中小企業の方、いわゆるコンテンツホルダーの方を、私のこれまでのWebマーケティングの経験を活かし、その方がオンライン上で認識され、信頼され、そして選ばれる、そしてその選ばれた方からサービスを受けたクライアントさんが幸せになること」

僕のビジョンはまだ完璧ではありませんし、これから活動していく中で徐々に変化もしていきます。

ビジョンとはステージが変わる毎に変化していきます。

 

あなたがもし今、目先の仕事だけに捕らわれてしまっているのであれば、あなたが何故その仕事をしているのか、何を目指しているのか、深く考えてみてください。

そして日々ビジョンを語っていきましょう。

 

ノウハウや情報では人は共感しない

例えば、あなたは記事の中で検索すれば出てくるような情報ばかりを書いていませんか?

それもひとつ大事なことではありますが、あなたが起業家であれば、あなたがどれだけ凄い人でもまず人に共感してもらわなければなりません。

ノウハウや情報だけを伝えたとしても、読者は「ほう、そんな情報もあるんだな」ぐらいにしか思いませんし、決してあなたのファンになったり、サービスを受けたいとは思いません。

あなたも日々、情報を調べることがあると思いますが、その情報を知ったら、そのウェブサイトからは離脱しますよね?

決してそのウェブサイトの管理者のファンにいきなりなったりしないはずです。

 

共感を得る為にビジョンを語ろうよ!

でも記事の中にウェブサイトの管理人の人生のヒストリーやつらい経験、キャラクターが反映されていて、それに興味が持てたら色々記事を見たりしますよね?

それが共感です。

別に共感を得る為のノウハウを書いている訳ではありません。

あなたが起業家として、イチ人間としてオンライン上で認知されるには、あなたのビジョンやヒストリーを語っていくことが大事だよって話しです。

僕も記事の中にはノウハウ一辺倒の記事もありますが、検索エンジンで探しても出てこない情報や貴重な情報だけを書いています。

だからぜひ、あなたもビジョンを語ってみてくださいね^^

 

広瀬徹夫にはミッションがあります

ミッションとビジョン何が違うの?って感じだと思いますが、ビジョンは実現可能な範囲の事だとここでは思ってください。

ミッションとはアメリカ合衆国の大統領になるとか、世界中の宗教を全てひとつに統一して世界から紛争をなくすといった、実現が不可能に近いものでいいんです。

ミッションはまさしくゴールのゴールです。

あなたが実現不可能でもいいから成し遂げたい事を是非ミッションとして掲げてください。

大いなる大志を抱いてください。

それが原動力となり、あなたは絶対に大きく成長し成功に近づいていきます。

 

僕のミッションは

広瀬徹夫
イジメ、パワハラを日本から完全に根絶し、自殺者を極限まで少なくする事です。

僕は子供の頃からイジメを受けたり、会社員時代にもパワハラを多く受けてきましたし、そういった方々も多く見てきました。

そういった人達の気持ちは痛い程わかります。

だからこそ絶対にそれを成し遂げたい、そう思っています。

 

そして、もうひとつのミッションは、

広瀬徹夫
僕が大好きな東京都多摩市、多摩ニュータウンを活気のある街に取り戻すことです。

多摩ニュータウンは戦後高度経済成長期に、都心への人口増加を防ぐ為に、郊外の多摩地域に作られた緑と都市が融合した素敵な街です。

僕は高校時代をこの街で過ごし、この街を心から愛しています。

ですが昨今では少子高齢化が進み、団地では高齢化、若者の都市部移動に寄って人口は減り、商店街は当時の賑わいもありません。

それを取り戻したい!!

本当に強く思います。

 

最後に

広瀬徹夫
ここまで読んで下さりどうもありがとうございます。

あなたが起業家として成功する為にもビジョンをぜひ語ってみて下さい。

起業家のあなたは、あなた自身が商品だと思って良いぐらいに考えてみてください。

僕もそう考えています。

あなただけの唯一無二の出来る事をビジョンに掲げてみてください。

そしてあなたを必要としている人を助けてあげてください。

それが私の願いです。

ありがとうございました!!

LINE@に登録して繋がりましょう!

友だち追加

line

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です